多田国際コンサルティング株式会社
Tada International Consulting Co.,Ltd.

お問い合わせ

多田国際コンサルティング株式会社
Tada International Consulting Co.,Ltd.

KNOWLEDGE

同一労働同一賃金への対応や雇用シェアの実施・検討状況等について(中小企業)

働きやすい職場環境, 多様な働き方, 法改正対応
2022.05.17

コロナ禍において、皆様の会社では、同一労働同一賃金や雇用シェア(在籍型出向)等についてどのように実施されておりますでしょうか。

この度、日本・東京商工会議所は「コロナ禍における雇用・就業面での対応等に関する調査」の結果を公表しました。
本調査によると、例えば、「同一労働同一賃金への対応」「雇用シェア(在籍型出向)の実施・検討状況」については以下の通りです。

<同一労働同一賃金への対応>
〇「対応の目途が付いている」と回答した企業の割合は、前回2020年調査と比べて9.5ポイント増加したが、中小企業に対する施行(2021年4月)を目前に控えた時期においても5割台(56.2%)にとどまった。

<雇用シェア(在籍型出向)の実施・検討状況>
〇「他社社員を出向で受入れている」と回答した企業の割合は少ないが、「他社社員の出向での受入れを検討したい(検討している)」と回答した企業の割合は一定数(9.7%)あった。
〇雇用シェア(在籍型出向)の実施、検討にあたってのネックや課題は、「人件費等、出向の相手先企業との経費負担の取決め」(58.3%)、「出向者の適正や能力・スキル」(57.7%)、「出向者の対象となる人材の選定」(45.6%)など、多岐にわたる。

その他、非正規社員への待遇差についての説明状況や業態転換の実施・検討状況等など、詳細に調査結果がまとめられておりますので、他社状況の参考にご活用いただければ幸いです。

詳細について以下のリンクをご参照ください。

※関連リンク
〇日本・東京商工会議所『「コロナ禍における雇用・就業面での対応等に関する調査」調査結果』
https://www.jcci.or.jp/20210430pressrelease.pdf

KNOWLEDGE TOP PAGE
お問い合わせ